6月11日(月)、DVDにて。
 本作はゴジラとメガギラスのバトルよりも、尊敬していた隊長を殺したゴジラを倒そうとする主人公を演じた田中美里とゴジラの闘いがメインであり、まさに『ゴジラ×田中美里』である。ゴジラの背ビレにつかまって発信器をブチかますシーンでは、全身から執念がガンガンに燃えていてカッコイイ。
 この作品でのゴジラは、「デカいトンボなんかに負けないぞ!」といった感じで顔をブルブルッとさせたり、メガギラスにジャンピング・ボディ・プレスをかましたりと、川北紘一が特技監督であった頃の平成VSシリーズ(89~95)では絶対にやらなかったアクションを披露しており、むしろ昭和のシリーズを髣髴とさせるダイナミックな動きに驚かされた。メガギラスもニヤッとした表情を捉えたカットが、性格がワルい感じをプンプンとさせてなかなかイイ。まぁ、バトルがちょっと長いけどね。デジタル合成が安っぽく見えるカットがあるのも残念なところではある。
 シリーズの第一作となった『ゴジラ』(54)をイメージしたオープニングから引き込まれるし、『空の大怪獣ラドン』(56)のメガヌロンを再び登場させるというサプライズにニヤリとさせられるが、昭和の東宝特撮映画ではチョイ役ながらも目を引いた加藤茂雄をわざわざアップで撮るところに、本作の監督である手塚昌明の“オタク魂の暴走”がチラッと見えた。フツーの観客には分からな過ぎるもんな。
 メガヌロンの成虫であるメガニューラが大群でゴジラに襲いかかるシーンは、『ガメラ2 レギオン襲来』(96)のゴジラ・バージョンといったところか。昆虫好きの少年が何度も怪獣に遭遇してしまう展開はサディスティックで、まるで子供の“悪夢”そのものである。
 ずっとクールだった田中の表情が少しだけ和らいだラストがグッド。
スポンサーサイト
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 それでは、新年一発目の映画の感想であります。
 
 1月3日(水)、DVDにて。
 主人公である私立探偵のフィリップ・マーロウの目線で、依頼主であるスターンウッド将軍の屋敷までの道のりがクレジットとともに描写されるオープニングが、一人称で語られるハードボイルドに相応しいのだが、複雑な物語を観客に解りやすくするためか、登場人物たちの回想シーンがかなり多く、展開がけっこうもたつき気味。将軍の長女はカジノで賭けている時に唇を舐めたりしてなんだか下品だが、次女のイカレっぷりはけっこう凄まじかった。
 『さらば愛しき女よ』(76)ですでにマーロウを演じているミッチャムは、ロンドンの空気に染まったためか前作よりちょっとオシャレなっているが、くたびれた表情に信念を滲ませてカッコイイ。背筋もピシッとしてるしね。スターンウッド将軍を名優であるジェームズ・スチュアートが演じているし、『ジャッカルの日』(73)のエドワード・フォックスや『グラディエーター』(00)のオリヴァー・リードといった個性派俳優の姿を拝めるのもイイ。
 自動車が夜の海に突っ込むシーンは、砕け散った車とめの破片がたくさんの飛沫をあげて迫力があるし、マーロウと殺し屋とのアクションは、ポケットチーフとネクタイを結んで給油口に入れて火をつけるところがキレもある。これで物語にもエッジが効いてたらなぁ・・・。
 2月14日(土)、DVDにて。
 本編の約半分の時間を割いて、小さな田舎町の住人たちが抱える葛藤を炙り出しつつ、三人の男たちが強盗を計画してゆく状況も描いてゆき、クライマックスの銀行襲撃によって、人々の運命が突如として変わっていく様を、タイトな展開によって観る者を巻き込んでゆく監督のリチャード・フライシャーの手捌きがスゴイ。
 ラストのアクションは、被弾した男たちが苦痛の表情もなくバタッと倒れてゆく様が、人間が息をしない“物体”になった瞬間を見せつけられたかのようで、ゾクッとさせられる。
 出演者では、サディスティックな犯罪者を演じるリー・マーヴィンが凄まじい。ぶつかってきた子供の手を足でグリグリと踏みにじったり、強盗の最中に命令に逆らった女性を躊躇なく射殺したりと、後の主演作である『殺しの分け前/ポイント・ブランク』(67)でのプロフェッショナルな雰囲気は微塵もなく、まさに“狂犬”だ。
 せっかく『暗黒街の弾痕』(37)のシルヴィア・シドニーが出演しているのに、大して出番もないのが勿体ないが、キビキビとした演出に、思わず手に汗握る佳作である。
 1月2日(金)、DVDにて。
 10年前に仲間を裏切った男をパリへ連れてゆく仕事を請け負った殺し屋が、その道程で自分の正体を知った人間を次々と殺したり、悠然とした男の言葉に翻弄された弟分も油断ならなくなったりと、末梢神経を刺激するような激しいカット割を使用せずとも、静かな緊張感が物語に漂っている。
 また、登場人物たちの思惑も二転三転し、彼らの本心が映像からは掴めえないところも、この映画に引きつけられる要因の一つだ。捕らえられても飄々と達観している男を演じたテレンス・スタンプや、たくさんのアクシデントに遭遇しても寡黙に仕事を全うしようとする殺し屋のジョン・ハートに、初めての仕事に興奮しながらも人質の言葉に心が揺らぎっぱなしの弟分をティム・ロスといった、クールな表情の俳優たちによる演技が、余計に彼らの内面を複雑にさせているのかもしれない。
 前半でのスタンプと誘拐犯たちとのアクションは映像のキレに乏しいし、殺し屋たちを追いかける老警官を演じたフェルナンド・レイなんて、事件現場に登場するだけで、ホントに捜査しているのかもよく分からないが、オフビートな展開によって、どこか寓話のようにも感じられ、なんとも不思議な作品である。
 1月1日(木)、DVDにて。
 腹に一物ある人々に翻弄されながらも、己の肝っ玉の太さだけを頼りに、事件の真相に辿り着こうと奮闘する主人公の姿からは、まるで『チャイナタウン』(73)を想起してしまうが、本作は「職にあぶれた一人の男が、悪戦苦闘の末に私立探偵になるまで」の物語であり、主人公を演じるデンゼル・ワシントンが、野暮ったいながらもなかなかイイ。自分の存在意義を見出した主人公を捉えたラストは、後に『イコライザー』(14)で演じることとなる、“市井のヒーロー”の片鱗が垣間見え、カッコイイ。
 また、主人公の旧友を演じるドン・チードルが、自分の名前を白状しないヤクザにキレて、何食わぬ顔で肩を撃ち抜いたり、仲間を助ける邪魔になると思い、縛るのが面倒くさくて、捕まえていた裏切り者を絞め殺したりと、強烈なインパクトを放っている。短気な性格と殺人を主人公に咎められても、「お前を救うためだ」とか、「こいつを俺に預けるからだ」と、けろりと言ってのけるふてぶてしさが、マッドでブラックな笑いを振り撒いている。
 そして、青い闇の中で繰り広げられる銃撃戦での、撃たれたヤクザたちが人形のようにバタッと崩れてゆく様を映した、バイオレンス描写が凄まじい。一味のボスを演じるトム・サイズモアの、血だらけになって倒れながら、狙いも定まらないまま銃を撃ち、地べたを這いながら息絶えるシーンは、エキセントリックな悪役らしい死に様であった。
 作品としてきちっとまとまり過ぎているがために、物語の馬力が少々弱く感じられるのが残念ではあるが、クセモノたちの跳梁跋扈がいかにもハードボイルドらしい佳作である。
プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR