本日、シネマサンシャイン土浦にて。
 江戸時代、妹の夫でもある友を討つ藩命を受けた男の葛藤を、ロードムービー形式で描いた作品であるが、自然の風景が多く登場するにも関わらず、色彩が意外と平板。むしろ、ほのかに光るロウソクが照らす室内の、格調の高い映像のほうが印象に残る。
 主役を演じた東山紀之の身のこなしが、とても美しい。クライマックスで身に振りかかる刀をよける場面のスピードがいい。笹野高史や西岡徳馬などのベテランが、出番が少ないながらも映画を引き締めている。
 惜しむらくは、映像も登場人物たちも、全体のバランスのためにそれぞれの持ち味が充分に発揮されていないことか。
スポンサーサイト
プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR