上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 9月1日(木)、シネマサンシャイン土浦にて。
 動物たちの生態を撮影したドキュメンタリー。「ディープ・ブルー」や「アース」より、スケール感は乏しいが、より動物たちの表情に接近し、彼らの感情を映し出そうとしている。
 なるほど、温泉に浸かるニホンザルや、スイギュウを狙うコモドオオトカゲなど、表情豊かに撮影されているが、アザラシの子供が初めて海に潜る映像など、ナレーションが語るような嫌がっている表情は見いだせない。人間の感情を動物にあてはめようとすることに限界があるのではないだろうか。
 やはり、タランチュラから逃げるために、体を固めて転がるコイシガエルや、水上を走るバシリスクを水中から撮影した映像のように、純粋に生物たちの行動に「驚く」という単純な行為こそ、ネイチャードキュメンタリーの最良の楽しみ方のような気がする。
スポンサーサイト
プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。