3月19日(日)、USシネマつくばにて。
 「俳優の映画」である。
 主人公を演じたケヴィン・コスナーは、自分に歯向かう人間を容赦なくボコボコにしたり、順番待ちの列に割り込みして罵声を浴びせたりと、相当にヒドイ奴なのだが、これまでのイメージとは想像もつかない役を引き受けた度胸と、徐々に暴力的な感情が変化してゆくのを演じられる力量がスゴイ。
 また、手術直後でベッドに横たわるコスナーから、彼の脳に移植された工作員の記憶を引き出そうと、激しい口調で質問を浴びせかけるCIAロンドン支局長を演じたゲイリー・オールドマンの迫力と、それでいながら行動がコスナーより一歩遅れてしまう情けないところが、なんとなく『フィフス・エレメント』(97)の頃の彼を想起させた。
 トミー・リー・ジョーンズは、「ちょっと映画に顔出してみました」程度の出番ではあるが、その存在感はやっぱりベテラン。『逃亡者』(93)や『ハンテッド』(03)で演じたような“追っ手のジョーンズ”ではないのは、まぁしょうがないか。ガル・ガドットは、その美しさだけで、もう最高です。
 アメリカの原子力潜水艦や軍事基地のシステムがハッキングされ、いきなりミサイルが発射されてしまうシーンは、登場人物たちが物語を牽引してゆく作品のスケールを崩してしまっているし、後半はかなりゴチャゴチャしていて展開が少々雑なのが残念だが、ラストでのコスナーの佇まいは、ただそこに存在するだけで映像そのものをとてもリッチにしており、『パーフェクト・ワールド』(93)や『マン・オブ・スティール』(13)のような、“いつものコスナー”に戻っているところが、ご都合主義とはいえ、物語ともきちんと連動していてイイ。
スポンサーサイト
プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR