8月12日(土)、109シネマズ二子玉川にて。
 主人公のスパイダーマン=ピーター・パーカーが、トニー・スタークに一人前のヒーローとして認めてもらいたいがために、独りよがりな行動によって多くの人々の命を危険に晒してしまう物語を、観客にハラハラドキドキさせる演出で引っ張ってゆくには、少年たちの悪戯心が取り返しのつかない惨劇を引き起こしてしまう『コップ・カー』(15)を監督したジョン・ワッツの手腕が必要だったに違いない。
 しかし、『コップ・カー』が出口の見えない息苦しさを感じさせるラストであったのに対し、本作では、自分の軽率さを悔いたパーカーが、“ヒーローになることの決意”によって強敵に立ち向かい、事件を解決させる。そんな彼の決意が、苦い結果を伴うことになるのではあるけれど・・・。
 サム・ライミの監督したシリーズ(02~07)や、マーク・ウェブの手がけたシリーズ(12~14)と、リブートにそれほど間が開いていないためか、ピーターがどうして超人的な力を持つことができたのかが短い台詞で語られるだけなのは少々首を傾げるし、マイケル・キートンが好演しているとはいえ、悪役のバックボーンをもう少し踏み込んで描いてほしかった気がしないでもないが、熱意が空回りしながらも一生懸命に頑張るティーンエイジャー・ヒーローには、どうしても胸が熱くなる。
 なによりも、目的地になかなか到着できずに、夜のゴルフコースをあたふたと横切ってゆくスパイダーマンを、ロングショットで小さく捉えたカットが、いかにもワッツらしくて最高。
スポンサーサイト
プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR