FC2ブログ
 
 10月1日(日)、シネプレックスつくばにて。
 ナチ親衛隊の大将であるハイドリヒの暗殺を、命を懸けて実行した主人公たちが、ナチによる苛烈な報復によって、多くの一般市民を巻き添えにしながら追いつめられてゆく顛末を、目を覆いたくなるような苦さを放ちながらも、エンターテインメントとしてもしっかりと成立させている映画だ。
 特に、計画遂行なのに仲間が姿を見せなかったり、標的を目の前にして銃が故障するアクシデントに見舞われたりと、不穏な空気を漂わせる描写を積み重ねることで、暗殺実行のシーンには異様なまでの緊張感が漲っており、クライマックスとなる教会での攻防戦も、大量に投げられる手榴弾と尽きることなく放たれる機関銃の弾丸や、カタコンベに突っ込まれたホースからの大量の放水によって、逃げ場を失った主人公たちの絶望を突きつけられて息が詰まるほどであり、「もう止めてくれ!」と思わず叫びたくなるほど容赦がないのだ。
 自分たちが生き延びられる可能性のない計画を実行しようする主人公たちの焦燥は、第二次世界大戦による国家間の駆け引きの犠牲となり、先行きの見えないチェコの人々の不安と重なるようであり、時代に翻弄された人々を描いた戦争映画の傑作となった。
スポンサーサイト



プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR