FC2ブログ
 
 8月31日(土)、シネマサンシャイン土浦にて。
 トッド・マッカーシーが著し、高橋千尋が訳した『ハワード・ホークス ハリウッド伝説に生きる偉大な監督』に、この世での最後の十五分間を一本の映画を見て過ごすとしたら、それは『リオ・ブラボー』だと、本作を監督したクエンティン・タランティーノは答えているという記述があるが、物語の筋がなくて登場人物たちの日常を緩やかな語り口で描いてゆくところは、やはりホークスの手がけた傑作西部劇の悠然としたテンポを思い出させるし、彼らの一挙一動をじっくりと捉えた演出は、タイトルの元ネタのひとつである『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(84)を手がけたセルジオ・レオーネを髣髴とさせるタッチである。
 展開を急ぐことはしないけれども、落ち目のTVスター(レオナルド・ディカプリオ)と相棒のスタントマン(ブラッド・ピット)がハリウッドでなんとか生き残りたいという焦りやそれでも揺るがない二人の絆と、スターへの階段を上がってゆくことを予見させるシャロン・テート(マーゴット・ロビー)の眩しい魅力を、徐々に徐々にスクリーンに刻みつけていきながら驚愕のクライマックスへ突入するのであるが、「悲しい事件をオレがぶち壊してやる!」というタランティーノの“映画のデタラメパワー”が炸裂してとても痛快。それゆえにラストには哀愁が漂っているんだけどね・・・。
 ホントはけっこうイイ仕事をしてるのに自分のスター人生は終わったと思って泣き出してしまうディカプリオには、女の子の前でもメソメソして笑わせながらも彼の境遇にはクリント・イーストウッドを思い出してしまうし、カルト集団の住む廃墟となった映画のセットにたったひとりで踏み込むタフなピットも、ゾッとする怖さを漂わせたヒッピーたちと自分を馬鹿にしたクソ野郎をぶちのめす狂暴演出と相まってナイスだが、とにもかくにも観客を惹きつけて離さないマーゴット・ロビーの存在感にマイってしまった。
スポンサーサイト



プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR