「ウォーキングwithダイナソー」を観た。

Category : 劇場公開作品

 1月4日(土)、シネプレックスつくばにて。
 夜空に舞うオーロラの下を恐竜たちが移動するシーンや、翼を折りたたんで雨をしのぐ翼竜のカットなど、これまでの恐竜映画にはなかった映像が楽しい。
 また、まるで本物を見ているかのような恐竜の筋肉の躍動に目が引きつけられるかと思えば、大きく口を開けた肉食恐竜が勢いよくスクリーンに迫ってくるという「お約束」な3D表現もキチンと取り入れており、リアリティとハッタリのバランスもよい。
 物語は決して目新しくはないものの、一頭の恐竜の成長をアドベンチャーとしてきっちりと描いており、まさに“職人の仕事”といった趣ではあるが、オープニングはなかなか意表を突くし、一つの歯の化石から壮大な太古の物語に観る者を誘う展開は、いかにも『ディープ・ブルー』(03)や『アース』(07)を手がけたBBC EARTHフィルムズらしい。
 今回は日本語吹替版での鑑賞となったが、声優たちの軽快なセリフ回しも悪くない。88分という上映時間も、子どもをターゲットにした作品として丁度よい。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR