「大統領の執事の涙」を観た。

Category : 劇場公開作品

 3月9日(日)、MOVIXつくばにて。
 歴代大統領の執事となった主人公と黒人解放運動に身を捧げる息子の確執と和解を物語にすることで、アメリカの歴史の1ページを描こうとする意図は理解できるし、よくまとまってもいる。
 しかし、登場人物たちも歴史的な出来事も全て盛り込もうとしたため、どのエピソードも薄味。
 それでも時代の流れと変わりゆく価値観はなかなか上手く描けているため、なんだか評価に困ってしまう。
 チョイ役とはいえ歴代大統領を演じているのが芸達者たちであり、ロビン・ウィリアムズがアイゼンハワーを、ジョン・キューザックがニクソンを、アラン・リックマンがレーガンを演じており、似てはいないけれど、見ているだけでけっこう楽しい。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR