『ルパン三世』を観た。

Category : 劇場公開作品

 9月2日(火)、シネマサンシャイン土浦にて。
 漫画でもアニメでも多くのファンを持つキャラクターを、実写で映画化するとは相当に無謀だし、ルパン三世に詳しくてもそうでなくても、あぁだこうだと周囲はウルサイだろうが、なかなかどうして、けっこう面白い。
 監督が北村龍平だけあって、全編に渡ってアクションのテンションは相変わらず高いが、ダンスをしながらのルパンと峰不二子の“恋愛ごっこ”は、けっこう小粋だし、秘宝奪還決行前に、ルパンと仲間たちがワインを酌み交わすシーンのように、軽妙ながらも静かなエモーションを放つシーンがイイ感じなのだ。
 ただし、ドラマ部分で時折やたらと感傷的になるのが鼻につくし、アクション部分でも力が入り過ぎており、どうにもクドい。抑えるべきところで抑えないために、それぞれのシーンが説明的で間延びするし、かといって力で押し切っている割には、それぞれの場面が作品に行儀よく収まってしまい、マイケル・ベイのようなスクリーンを突き破る破壊力を発散させることもなく、なんとも中途半端なのが、北村演出の弱いところでもある。
 それでも、多少野暮ったいながらも軽快にルパンを演じる小栗旬をはじめとして、キャスト陣は頑張っているし(もうちょっと次元と五エ門が活躍してほしかったかなぁ。黒木メイサは峰不二子だろうがなんだろうが、入浴シーンだけでお腹いっぱいです)、グラフィカルなエンドクレジットもキメキメな音楽と相まって悪くない。万人向けの“気軽に楽しめる”作品となった。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR