スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」を観た。

Category : DVD

 11月19日(水)、Blu-rayにて。
 とにかくオープニングがかっこいい。ガメラの火炎噴射で船内に煙が充満する中、バイラス星人が自らの星に「地球上に恐るべき生物を発見せり、その名は・・・」と警告を送った瞬間、宇宙船が大爆発し、タイトルが画面いっぱいに広がり、「ガメラマーチ」が元気良く響き渡る展開は、かなりワクワクさせてくれる。
 過去のシリーズの映像がかなり多用されているが、本作で初めてガメラに接する子供にとっては、興味をそそるダイジェストになっているのではないだろうか。まぁ、少し長すぎる気はするけれども・・・。
 ガメラがバイラスを両手で捕まえて“水上スキー”をするシーンは、別に必死になって闘っているようには見えないし、不必要にも感じるけれども、ボケーッとしたガメラの表情がナイスで、なかなか楽しい。後の「ガメラ対大悪獣ギロン」での“鉄棒”や、「ガメラ対大魔獣ジャイガー」での“シーソー”の原点といったところだろうか。子供が喜びそうなシーンをきちんと盛り込んでいるところがイイのである。
 そのようなやんちゃなシーンがあるかと思えば、目を覆いたくなるようなスプラッター描写の凄まじさも、ガメラ映画の特徴であろう。巨大怪獣となったバイラスの、槍のような頭部でドテッ腹を何度も突き刺され、頭と手足をはち切れんばかりに伸び縮みさせるガメラの動きは、なかなか壮絶である。まぁ、そんな残酷な場面があるからこそ、その後のガメラの逆転劇が、より痛快なんだけどね。
 それでも、ガメラとバイラスが1回しか闘わないのが、少々寂しいなぁ・・・。
スポンサーサイト

コメント:

No title

こんばんは。

そーなんですよ、この映画ってあのオープニングだけで全てが許せてしまうカッコ良さがあるんですよね(ーー;)

バイラスの人間体の目が光っていたのとかは子供の頃見たときは怖かったですねー・・・

Re: No title

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

バイラス星人の声が若山弦蔵なのも、映像に緊張感を与えていたように思います。

光る目はホントに怖かったです。腕がすっぽ抜けて飛んでいっちゃうところも、子供のころは目をつぶりたかったような・・・。

個人的には、バイラス星人たちがガメラに脳波コントロール受信機を発射するシーンのテンポが一気呵成で、妙にスゴかったなぁと感じました。
非公開コメント

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2014/11/27

 本日二本目の更新です。一本目「 名古屋市科学館の特撮博物館情報 /11/27 」はこちら。 前回更新の「 湯浅版視聴記 /11/21 」に続いて、 「大怪獣ガメラ」から「宇宙怪獣ガメラ」まで、昭和の大映ガメラシリーズ8作品の鑑賞記などを、まとめてご紹介しております。 関連で、...
プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。