『君が生きた証』を観た。

Category : 劇場公開作品

 3月15日(日)、ヒューマントラストシネマ有楽町にて。
 主人公たちのバンドが、小さなライブバーで少しずつ人気を博してゆく経過を、曲1つで繋ぎ合わせた編集が、なかなかのドライブ感で、映像に軽快なリズムを与えている。
 『ビッグ・フィッシュ』(03)では、ホラ話しか語らないと思っていた父親を、自らがおとぎ話を語ることで理解してゆく息子を演じたビリー・クラダップが、今回は、死んだ息子の遺した曲を自らが演奏することで、少しずつ息子の気持ちを分かってゆく父親を演じているのは単なる偶然だろうが、別れた妻と一緒に墓石の落書きを掃除するシーンや、希望を失いかけた青年に励ましの言葉をかける場面は、生きることに惑う登場人物たちへの温かい眼差しを忘れない本作の要となっている。
 ヘビーな物語でありながら、作品を取り巻くポップな音楽が、映画を決して「暗さ」には陥らず、観る者に小さな“希望”を与えてくれる良作にしている。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR