『ワイルド・スピード SKY MISSON』を観た。

Category : 劇場公開作品

 4月17日(金)、シネマサンシャイン土浦にて。
 カー・アクションはド派手ながらも、ビジュアルの奇抜さを狙ったが故に、少々CGに頼り過ぎているきらいがある。爆発なんか、もっと実写でやってほしかった。
 むしろ目を引くのは、登場人物たちの肉弾戦であり、取っ組み合いで倒れたら映像が反転したり、双方を取り囲むようにグルッとカメラが動いたり、カット割が短いとはいえ、パンチやキックの瞬間をしっかりと捉えている。
 まぁ、爆風で吹っ飛ばされても、大したケガもなく息をしている彼らの存在そのものが、“生きている人形”であり、シリーズを積み重ねてきた人々の“絆”が、登場人物たちに実体を与えているような気がする。本作のテーマが“家族”でもあるしね。
 敵役のジェイソン・ステイサムの強烈な存在感が、作品のボルテージをグンと上げており、主人公であるヴィン・ディーゼルとの、“セクシー・ハゲVSマッチョ・ハゲ”のクライマックスは、相当に見応えがある。
 そして、もはや大御所となったカート・ラッセルが、出番は少ないながらも、きちんとアクションをしているのもウレシイ。やっぱり『ニューヨーク1997』(81)で無茶苦茶に暴れまわっていた前歴がありますからね。
 ただ、クライマックスが大盤振る舞い過ぎて、イマイチまとまりに欠けていたのが、ちょいと残念だったなぁ・・・。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR