『ジョン・ウィック』を観た。

Category : 劇場公開作品

 10月16日(金)、シネマサンシャイン土浦にて。
 主人公の“伝説の殺し屋”を演じたキアヌ・リーブスが、瞬時にマガジンを交換して迫り来る敵を撃ち殺したり、マッスルカーを巧みに操って標的を追い詰めたりするシーンを、クロースアップに頼らずに引いたショットで捉えており、猛烈なスピードで繰り出されるキアヌのアクションの凄まじさが際立っている。
 また、『L.A.大捜査線/狼たちの街』(85)のウィレム・デフォーや、『リンカーン弁護士』(11)のジョン・レグイザモ、そして『ヘラクレス』(14)のイアン・マクシェーンといった“クド顔俳優”が裏社会を生き抜いてきた男たちを演じることで、作品に只ならぬ雰囲気を漂わせている。
 物語の前半が説明的でちょっとクドいが、キアヌの復讐にエモーションを漲らせるためには必要不可欠だし、都市伝説の世界が現実の世界にニュッと顔を出した不穏な空気と滑稽なシチュエーションが、それを補って余りある。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR