『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』を観た。

Category : 劇場公開作品

 2月23日(火)、シネマサンシャイン土浦にて。
 これまでのシリーズのネタをそっくりそのまま使用することで、特別編としてのゴージャスな雰囲気が出ているし、コナン・ドイルの原作を読んだことはないけれど、NHKで何度も放送されていた『シャーロック・ホームズの冒険』(84~94)を見ていれば、オリジナルへのリスペクトを忘れずに「新しいシャーロック・ホームズを生み出そう」とする、作り手たちの情熱を感じずにはいられない。
 特にライヘンバッハの滝でのシーンは、TVとは思えないほど映像にスケールがあるし、ホームズの物語を執筆してきた相棒のワトソンに“お遊び”をさせる演出も、このシリーズならではの茶目っ気があり、なかなか楽しい。
 しかし、今までのエピソードと密接に関わっているストーリーであるため、なんだか「一見さんお断り」みたいになってしまったのはちょっと残念だし、本作だけではなくてシリーズ全体でも感じることだが、勿体ぶった展開が少々くどい。
 それでも、ホームズを演じるベネディクト・カンバーバッチは、ボサボサした髪型の現代版よりも、ビシッとキメた19世紀の紳士な姿がカッコいいし、今回の物語が今後の進展に影響すると思わせるラストはけっこう巧い。
 まぁ、作り手が“頭の良さ”をもうちょっとだけ引っ込めておけば、もっと楽しめるドラマになると思うんだけどねぇ・・・。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR