『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を観た。

Category : 劇場公開作品

 5月1日(日)、シネマサンシャイン土浦にて。
 前作の『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(14)で、監督のルッソ兄弟はチェイスシーンを巧みに演出していたが、本作でも、街の雑踏やトンネルでのアクションを手に汗握る迫力で描いている
 それでいて、空港でのヒーローたちのぶつかり合いでは、スパイダーマンに軽口をたたかせたり、アントマンに“荒技”を繰り出させたりと(もう名前変えなきゃならないんじゃないのか?)、サービス精神いっぱいに作品をクリエイトしている。
 湾岸戦争が勃発した1991年を物語のキーとしたのは、アメリカの現代史を反映した「キャプテン・アメリカ」シリーズらしいし、終盤のクライマックスは「まさかの展開」に度肝を抜かれるが、いつの間にか登場しなくなったキャラクターもおり、それでいながら最後まで何も言及されないため、物語の交通整理が少々雑なところも。手堅い作りなだけに余計にひっかかる。
 キャップ=スティーブ・ロジャースとウィンター・ソルジャー=バッキー・バーンズの友情が本作の要であるが、アイアンマン=トニー・スタークとウォーマシーン=ジェームズ・“ローディ”・ローズがラストで交わす言葉が、さり気なくもアツかった。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR