FC2ブログ
 

『彼らは生きていた』を観た。

Category : 劇場公開作品

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が茨城県では解除され、5月22日(金)から県内の映画館の営業が再開されたので、23日(土)に、つくば市にあるMOVIXつくばへ行ってみた。
 劇場内は、観客と観客との間は横に座席3つ分空いており、使用禁止の席には黄緑色のテープが貼られていた。感染予防のための劇場スタッフの配慮には頭が下がる思いだ。

 観てきた作品は、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ(01~03)を監督したピーター・ジャクソンによる『彼らは生きていた』。第一次世界大戦で西部戦線に派遣されたイギリス兵たちのドキュメンタリーである。
 19歳から35歳までが志願資格の規定であるが、15歳で軍医のチェックを受けたら「よし合格」と言われたり、「18歳と1か月」と年齢を答えたら「19歳」にされたりと、驚くようなエピソードが戦争に参加した男たちの声で語られるが、入隊した後の訓練の様子も映し出されていろいろと知ることができるとはいえ、これまで観てきた記録映像と変わらないモノクロのままなので、少々退屈した。
 しかし、彼らが戦場の最前線へと到着した時から、モノクロだった映像が徐々にカラーとなり、人々の声も聞こえてきて、「リアル」がグッと観客に迫ってくる。
 それでも、戦闘のないときは「仲間達とキャンプをしている」ような気分という証言があるように、楽器を楽しそうに弾いていたり、仲間たちとカメラに笑顔を向けたりと、男たちのリラックスした場面がずっと続くのだが、ドイツ軍の地雷が爆発して土が勢いよく上空に吹き飛んだり、何台もの“タンク”が無感情に進行していったりする映像には、寒々とした怖さが漂う。
 そして、兵士たちが敵へと突撃していくシーンは、カメラをじっと見ていた兵士が目をそらす瞬間に垣間見せる不安の表情がインサートされたり、生きて戻った兵士が右手の震えが止まらないまま呆然と歩くショットが映し出されたりと、戦場の凄惨極まりない様子が嫌という程伝わってくる。
 捕えられたドイツ兵たちが負傷したイギリス兵を担架で運ぶ場面は、“まったくもってこの戦争は無意味だ”と捕虜と意見が一致したという兵士の言葉と共に、強く心に残った。
スポンサーサイト



コメント:

非公開コメント

プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR