「ジュラシック・アイランド」を観た。

Category : DVD

 3月25日(日)、DVDにて。
 有史以前の生物たちが生息する島へ向かった一行の冒険物語。
 この手のB級作品は単純に楽しんだもの勝ちであるが、実際の荒れ地にそのまま恐竜たちをポンと置き、しかも巨大に見えるような演出もないため、いかにも着ぐるみで撮影しているという、スケールの違和感がストレートに伝わってくる。特に何体も登場する、ケラトサウルスそっくりのティラノサウルスなど、前進しているのか足踏みしているのか分からない緩慢な動きで、人間の攻撃でボテッと倒れるカットなど、まぁなんとなく愛らしささえ感じる。
 物語は恐竜を島から運び出そうとしたり、キング・コングもどきの巨大ゴリラが出てきたりと、まんま『ロスト・ワールド』(25)と『キング・コング』(33)のイタダキである。特にティラノサウルスと巨大ゴリラの死闘は、アップを多用して迫力を出そうとはしているが、低予算の限界が垣間見え、やはり映像に力はない。まぁそれはそれなりにそのヘタレ感が楽しいのであるが、1948年の作品とはいえ、もう少しなんとかならなかったかなぁ。

 追記
 ちなみに、原題は『UNKNOWN ISLAND』であり、邦題は『ジュラシック・パーク』(93)のマルパクリである。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR