「ミケランジェロの暗号」を観た。

Category : 劇場公開作品

 6月12日(火)、ワーナー・マイカル・シネマズ守谷にて。
 第二次世界大戦中、国家の命運を左右する幻のミケランジェロの絵画を巡って、敵と味方に分かれた親友同士と、彼らを取り巻く人々の物語。
 ナチスに変装したユダヤ人である主人公の作戦がいつナチスにバレるかという緊張感と同時に、作戦の持つゲーム性を代弁するかのようなアドレナリンを静かに発散させている音楽が良い。様々な伏線が主人公の運命を翻弄する後半は、よく練られた脚本のおかげで面白いが、少し駆け足気味の感があり、ちょっぴり重みを失ってしまったのが勿体ない。
 それでも、生き残る人間の必死さに重点が置かれた物語と思いきや、ラストはけっこう小気味よい。ハリウッド映画にも負けない爽快感が嬉しい佳作だ。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR