「運命じゃない人」を観る。

Category : DVD

 10月14日(日)、DVDにて。
 伏線を張り巡らせたトボケてドライな展開を、男女の恋愛というウェットなラストで映画を締め括るところが、劇場デビューとなる本作でも、監督である内田けんじの作家性が刻印されている。
 『アフタースクール』(08)や『鍵泥棒のメソッド』(12)と、内田の演出はさらに手堅く、さらに面白くなっていくが、泊めてもらうお礼にと、ヒロインが自転車の後ろに主人公を乗せてペダルを漕ぎ出すシーンや、誰もいない真夜中の道を主人公がひたすら走り、タクシーの前に飛び出し、乗っていたヒロインから電話番号をきこうとするシーンなど、内田の本質はウェットな部分にあるような気がする。
 ひょっとしたら内田は、男が女に翻弄されるアメリカのフィルムノワールを、自分の持ち味で、それもウェットな日本風味で作りたいのかもしれない。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

プロフィール

HORIDASHIDOGU

Author:HORIDASHIDOGU
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR